新着情報一覧

お知らせ

平成30年4月より第3土曜日の午後の診療(15時ー18時)につきまして、

鳥取大学医学部附属病院内科(感染症内科)千酌浩樹先生が担当致します。

インフルエンザ予防接種

平成29年11月1日よりインフルエンザ予防接種を開始します。

インフルエンザ予防接種の有効性は認められており、特に高齢者の発病予防や重症化防止に有効であることが確認されております。

予防接種を受けて抵抗力がつくまでに約2週間程度かかり、その効果は約5か月間持続するとされております。12月中旬までの接種をお勧めします。

まつ毛の悩み

まつ毛が薄くてお悩みの方にお知らせです。

まつ毛を長く、太く、濃くさせる、塗るお薬をご存知ですか?

国内の睫毛貧毛治療薬<グラッシュビスタ(シオノギ製薬)>を紹介します。

睫毛貧毛症とは、まつ毛が不足している又は不十分な状態を特徴とする

疾患です。その原因は多くは特発性(加齢など)で、他に抗がん剤などの

薬剤性があります。1日1回寝る前に、グラッシュビスタを上まつ毛の生え際

に塗るだけで、4か月の使用で9割近い方がその効果を実感されている

ようです。

ご興味のある方は、お問い合わせ下さい。

二重・ 眼瞼下垂

目元の感じで、人の印象はずいぶん変わります。

一重まぶたを二重にする方法は簡単な方法から切開する方法まで色々あります。

また、眼瞼下垂も切開して治す方法が一般的ですが、切らずに治す方法もあります。

目元でお悩みの方は、ぜひご相談下さい。

(二重にする重瞼術は自由診療となりますが、眼瞼下垂につきましては保険診療となることがあります。)

 暑くなりましたが、ワキの汗や臭いでお悩みの方はおられますか?

ワキには、汗を出す汗腺がもともと多くあり、気温や運動による温熱刺激はもちろんですが、緊張やストレス等の精神的な刺激でも発汗が促進され、汗が多くでやすい場所であります。

多くの方は、制汗剤やパウダーでコントロールされておられますが、それでもコントロールできない程の汗は、服の汗染みが気になったり、臭いが周囲に不快感を与えているのではないかと心配したりして、日常生活にも支障をきたすことがあります。

当院では、ワキの汗、臭いに対して、注射による治療や手術による治療を行っております。

手術は、健康保険の適応になっており、外来にて行われます。

手術は局所麻酔下に皮膚を切開し、汗腺を直接除去する方法ですので、効果は確実で、再発の心配はありません。

気になる方は、お気軽にご相談下さい。

一部更新しました。

ホームページ内の「診療メニュー」について内容を掲載しました。

ホームページを開設しました

この度両三柳クリニックのホームページを開設しました。
まだ未完成の部分もありますが、今後各種情報や臨時休診等を掲載していきますのでご覧下さい。

アーカイブ

HOME新着情報医院案内院長紹介自由診療料金サイトポリシー
Copyright (C) 2012 Ryomitsuyanagi Clinic. All Rights Reserved.